news

【2022-23秋冬】コート類や羽織ものなどアウターが入荷しました!

divkaの2022-23秋冬アイテムが入荷いたしました。

厚手のコート類や羽織もの、これからの冬に間違いなく活躍するアウターが入荷しました。

<W/Nyローゲージニット>の羽織ものは、男性でも着用できるくらいのオーバーサイズとなっています。

ぜひご覧ください。

<BELLANDI ダブルフェイス・メルトン>
滑らかなタッチとリッチな質感のアウター素材に定評のあるBELLANDI社のウール素材。
Super130’sのファインウールにカシミヤをブレンドした原料を使用。
きめ細やかな起毛加工をし、素材の膨らみや原料の良さを最大限に引き出しています。
二重織は風を通しにくく保温性があるほか、通常のコート地よりも軽く仕上げているためシルエットを保ちつつ、軽い着心地を味わっていただけます。

<W/Nyローゲージニット>
上質なウールのトップ糸を使い、ざっくりと編み上げたイタリア産のローゲージニット。
ナイロン糸を組み込むことで、弾力を出し、ボリュームのある仕上がりとなっています。

<メランジ・エコアルパカ>
メランジアクリル糸を使用した奥行きのある厚手のパイルファー。
国内生産でしか表現することの出来ない毛足の長さでボリュームのある素材感にし、アルパカのような表面感に仕上げています。

<メモリーグログラン>
通常のメモリークロスに比べ、張りすぎないソフトな形状記憶性を持った生地。
高密度に織り上げた微光沢のある上品なグログラン。

<C/Wボアラッセル>
ウールには上質な英国羊毛の糸を使い、裏面を起毛させることで、ボリュームがあり、暖かく、柔らかな生地に仕上げています。
尾州にて経糸のみで編んでいくラッセル機を使い、編み上げました。

<レーヨンウールカシミヤ・へリンボン>
経糸にレーヨン、緯糸にウールカシミヤの混紡糸を使ったヘリンボンを尾州にて織り上げました。
ウールにはタスマニアウールとカシミヤを使っており、非常に柔らかで落ち感のある上質な生地。
表にはレーヨンを出し、微光沢があり上品に裏はウールカシミヤで肌触りがよく、暖かく仕上げています。